ページ内移動用のリンクです


事業案内

環境リサイクル

環境保全と資源循環型社会の構築のために

事業概要

環境リサイクル事業は、鉱山や製錬所の操業で長年培ってきた技術と実績をベースに、リサイクル事業と環境事業の二つの事業を展開しています。
リサイクル事業では、使用済み家電製品、電子機器、また工場等から排出される金属スクラップ等のリサイクル原料から銅・貴金属などの有価金属を回収します。環境事業では、グループ内の関係各社とともに産業廃棄物を無害化して有価金属を回収しています。ともに2次廃棄物を出さない「ゼロエミッション」を事業の基本とし、将来世代に環境負荷を残すことのないよう、グローバルな資源循環型社会の構築に貢献していきます。

資源循環型社会のイメージ

事業プロセス

製品・サービス

リサイクル事業

リサイクル原料から以下の金属を回収しています。

セレン

テルル

ビスマス

酸化アンチモン

パラジウム

環境事業

難処理産業廃棄物の処理に取り組んでいます。

廃アスベスト無害化処理事業

廃アスベストを高温溶融して無害化します。また溶融により発生するスラグは100%リサイクルするため、二次廃棄物を出しません。

低濃度PCB廃棄物無害化処理事業

北海道で初の環境大臣認定を取得し、低濃度PCBの処理を行っています。

拠点情報

全国的な集荷ネットワークを構築

環境リサイクル事業の拠点詳細

環境リサイクル事業をよく知るためのキーワード

ゼロエミッション

産業廃棄物を処理する際、多くの場合にはその焼却灰や焼却残渣などの二次廃棄物が発生し、これらは最終処分場などに埋め立てられます。
ゼロエミッションとは、この二次廃棄物を発生させることなく産業廃棄物を処理することで、次世代への環境負荷を低減させることができます。
当社グループの環境リサイクル事業では、「捨てない、埋めない」をスローガンとしたリサイクルシステムを構築し、ゼロエミッションによる産業廃棄物処理および非鉄金属リサイクルを追求しています。

海外集荷拠点の強化

当社グループでは、2010年に台湾にリサイクル原料の集荷基地を設けるとともに、2014年には米国にも営業拠点を設置しました。このように世界規模のリサイクル原料集荷体制を整えることにより、グローバルな資源循環型社会の構築に積極的に寄与してまいります。

技術開発