ページ内移動用のリンクです


事業案内

資源開発に関する技術開発

当社では、低品位硫化銅鉱から効率的に銅を回収する鉱業技術を開発しています。低品位硫化銅鉱の中では、特に初生硫化銅鉱(黄銅鉱)については浸出が難しいといわれており、通常の選鉱処理が困難な低品位鉱石については資源化が進んでいません。そのような低品位初生硫化銅鉱から銅を効率的に浸出・回収する技術として、当社では独自技術としてJXヨウ素法を開発し、実用化を進めています。
JXヨウ素法はヨウ素を触媒的に添加し、従来のヒープリーチング-SX-EW設備にヨウ素回収設備などを組み合わせた、比較的簡便なプロセスにより、初生硫化鉱(黄銅鉱)から銅を酸化浸出する技術です。
当社では、2014年から約1年間、チリにおいてJXヨウ素法のヒープ試験を行い、同プロセスの実用可能性と、銅浸出性能の向上効果を確認しました。現在、ヒープ試験の成果を活用し、鉱山での実用化に向けて取り組んでいます。

JXヨウ素法による銅回収プロセスJXヨウ素法による銅回収プロセス

チリ JXヨウ素法ヒープ試験チリ JXヨウ素法ヒープ試験

JXヨウ素法ヒープ試験で採取した電気銅JXヨウ素法ヒープ試験で採取した電気銅