ページ内移動用のリンクです


CSR活動

当社グループのCSRのルーツ

地域社会との共生、人という財産を守る

当社グループのCSR のルーツは、今から110年以上前に開発された当社創業の地・日立鉱山(茨城県)です。日立鉱山では、煙害問題の解決を図る中で、地域社会と共存共栄しながら発展を目指す姿勢を貫きました。また、鉱山の従業員が安心して働ける環境を整備し、従業員を尊重する気風を育んできました。当時の時代を先取ったこうした考え方は、今も当社グループに引き継がれています。

地域社会との共生

「煙害問題」を通じた地域との関係構築

日立鉱山が創業した1905年当時は、製錬の際に鉱石に含まれる硫黄分によって発生する亜硫酸ガスを有効に回収する技術が確立されていませんでした。創業後まもなく、日立鉱山からの排煙が原因で周囲の森林が枯れはじめ、農作物にも被害が広がっていきました。
当時は煙害に対する賠償義務の法律がない時代でしたが、日立鉱山は初代庶務課長・角 弥太郎(かど やたろう)が先頭に立ち、地域住民に対して誠意を持って補償を行いました。被害の申し出があれば直ちに調査を行い、事業拡大の際には被害が予想される地域に対し事前契約を結び、地域住民の不安を軽減するよう努めました。こうした真摯な姿勢が地域と企業の信頼関係の構築につながっていきました。

155.7メートル。社運を賭けた大煙突の建設

完成当時世界一の高さの大煙突(奥)とダルマ煙突(手前)

日立鉱山は被害地域への補償を進めるとともに、煙道やダルマ煙突の建設などにより排煙の拡散・希釈を試みましたが、被害は増大していきました。そこで創業者・久原房之助は排煙の広域拡散のため、当時として高さ世界一の煙突の建設を提唱しました。この発想は当時の煙害対策の常識とはかけ離れたものとみなされ、産・官・学界から多くの反対を受けますが、気象観測や実験データの裏付けをもって久原は大煙突建設の決断を下しました。
延べ約3万7,000人の人員と巨額を投じ、1914年12月、当時世界一の高さとなる155.7メートルの大煙突が完成し、煙害を激減させることに成功しました。

荒廃した山に緑を取り戻す植林事業

大島桜の植林

次に日立鉱山は、煙害によって荒廃した山に緑を取り戻すため、本格的な植林事業を開始しました。農事試験場を製錬所の近くに設け、林業専門家を配置。耐煙性の高い大島桜をはじめとする樹木や農作物の試験や品種改良を行いました。
それらの研究をもとに日立鉱山が育成し、植林した苗木は500万本、植林面積は延べ約1,200ヘクタールに達したといわれています。無償配布した500万本の苗木は地元の方々の手によって市街地にも植林され、鉱山の植林分と合わせると1,000万本に達しました。

現在も生き続ける共存共栄の精神

現在の大煙突

こうした取り組みの成果もあり、山々には緑が戻り、日立の街は「さくらの町」として全国で有名になりました。一方で大煙突は1993年、下部3分の1を残して突然倒壊しました。現在は、修復されて54mの高さになりましたが、地域と企業の共存共栄に取り組んだ歴史は今も生き続けています。

当時の日立市長からは、次のような言葉が寄せられています。「大煙突の高さは、先人達の志の高さでもあった。姿は変われども、大煙突が訴える街づくりの心は不変である」――。

創業者・久原房之助の言葉

「公害問題は常に新しい。それは、人類に背負わされた永遠の十字架にも似ている。化学の発展につれて、公害もますます多角化してゆく。

これを喰い止めようと、いかに多くの人々が、血のにじむ努力と苦悩を積み重ねてきたことか。(中略)
日立鉱山についても同様のことが言える。煙害問題なしに鉱山の歴史は語れない。大正三年十二月、当時、世界最大と言われた煙突を、日立鉱山が独自に完成して、此の問題に終止符を打つことが出来たのであるが、これは凡そ十年に亘る歳月、地域住民とともに苦しみ、悩み、そして自らの手で解決し得た貴重な体験であった。」

「日立鉱山煙害問題昔話」(関右馬允著、1963年)より引用

久原房之助

日立鉱山の社宅

病院

人という財産を守る

従業員が安心して働ける環境づくり

当社グループに浸透しているもう一つのCSRのルーツは、「企業にとって人は財産である」という考え方です。

久原は、都市から離れた不便な場所にある鉱山での事業を成功させるためには「従業員が安心して働ける環境」が重要と考えました。そこでまず、鉱山での生活水準の向上に力を注ぎました。久原は、従業員が家族とともに生活できるインフラ整備に着手。住居をはじめ、学校、病院、鉄道および娯楽施設などを設けた、総合的なまちづくりを行いました。
その思想を受け継ぎ、庶務課長や所長を歴任した角は、「質実剛健・質素勤勉を奨励しつつ、例え一鉱夫のことといえども、その幸福を考える」ことを信念としていました。彼は従業員から職場に対する不平不満について原因究明と解決を図り、職場だけでなく社宅においても従業員間の調和を目指しました。その集大成として1920年に発足したのが「温交会」であり、会社と従業員間の福利厚生についての話し合いの場が設けられました。

このような職住一体の環境で、会社組織が従業員を尊重する風土が築かれただけでなく、従業員にも連帯感が育まれ、「一山一家」と呼ばれる気風が根付きました。
この考え方は現在も当社グループに引き継がれており、役職や年齢、性別を問わず自由な意見交換ができる、風通しの良い働きやすい職場環境が維持されています。

JX金属グループCSRのルーツを知る

企業と住民の公害への共闘を描いた小説「ある町の高い煙突」

直木賞作家・新田次郎氏が著した「ある町の高い煙突」は、日立鉱山と地域住民がともに煙害問題に立ち向かった実話をもとに、地域と企業が共存共栄を目指す姿が描かれています。本作は地域と企業のあり方、毅然とした経営者魂が織り込まれており、当社グループのCSRのルーツにふれていただける作品です。

当社グループの歴史と理念を伝える日鉱記念館

日鉱記念館

経済産業省の近代化産業遺産にも登録されている日鉱記念館は、1986年に日立鉱山の跡地に建設され、2016年で設立30周年を迎えました。当社グループ創業の地において、創業当時から今日までの歩みや現在の事業について展示し、当社グループの歴史や理念をご理解いただく上で大切な役割を担っています。開館以来、教育機関の授業・研究や社会見学などを目的として、地域住民の方々をはじめとした多くの皆さまにご来館いただき、累計来館客数は40万人を突破しました。