ページ内移動用のリンクです


お知らせ

お知らせ

2019年度

第2回 JX金属・PPC青少年X(みらい)作文・こどもX(みらい)絵画コンクール表彰式の実施について

 JX金属株式会社(社長:村山誠一)及びパンパシフィック・カッパー株式会社(社長:三浦章、以下「PPC」)は、大分市佐賀関地区の小学校の児童及び中学校の生徒を対象に絵画、作文を募集し、この度応募作品の中からX(みらい)大賞、JX金属社長賞、PPC社長賞の受賞作品を決定し、12月19日(木)に大分市佐賀関公民館において表彰式を開催いたしました。

 

 PPC佐賀関製錬所は、2016年の創業100周年を機に、X(みらい)を担う子どもたちの健やかな成長と、佐賀関が子どもたちの心の縁(よすが)であり続けることを願い、絵画、作文コンクールを企画し、第1回目を実施いたしました。以降、3年ごとにコンクールを企画、実施することとしており、今回は佐賀関小学校、こうざき小学校の児童、佐賀関中学校、神崎中学校の生徒から300作品の応募をいただき、厳正なる審査を経て、X(みらい)大賞6名、JX金属社長賞、PPC社長賞それぞれ9名の計24作品の受賞を決定しました。

 表彰式には、佐藤樹一郎大分市長はじめ行政関係者、学校関係者、地元関係者、受賞者のご父兄にご列席していただきました。JX金属特別理事の大井より、「今後とも佐賀関製錬所の発展を通して地域に貢献していく所存である。引き続き地域社会とともに歩んでいきたい」と挨拶を述べた後、受賞した生徒に賞状を手渡しました。当日の模様はOBS大分放送を始め地元メディアでも取り上げられています。

 

 当社では地域社会との共存共栄という理念のもと、佐賀関だけでなく事業を営む他の地域においても、青少年育成への取り組みを行っています。今後ともこの取り組みを通じ、地域社会への貢献を行ってまいります。

 

以 上

表彰式の様子表彰式の様子