沿革

1905

久原房之助(くはら ふさのすけ)、
日立鉱山開業(当社グループの創業)

久原本部(中央)と本山合宿(左側2階建て)
日立鉱山の本山地区(1914年)
久原房之助(1869-1965)

1906

日立鉱山・第1竪坑開削に着手

創業当時の第一竪坑前
での記念撮影

1907

日立鉱山・わが国金属鉱山初のダイヤモンド試錐実施

ダイヤモンド試錐器

1908

大雄院製錬所(現 日立事業所)操業開始

大雄院製錬所

1912

久原鉱業設立

久原鉱業本社(大阪市北区中之島)

1914

日立鉱山・大煙突を建設

大煙突竣工時の記念写真
海抜325mの斜面に建設中の大煙突
竣工直前の大煙突

1916

久原鉱業、株式公開

久原鉱業の株券

佐賀関製錬所操業開始

焼鉱鍋炉と装入床
電解工場
佐賀関製錬所全景(1917年頃)

1928

鮎川義介、久原鉱業第2代社長に就任

久原鉱業を日本産業に改称

鮎川義介(1880-1967)

1929

日本鉱業設立
(日本産業の鉱業部門を分離独立)

日本鉱業設立時の本社

1945

終戦により海外全事業を喪失

1949

烏山試験所開設
(研究開発組織の先駆け)

烏山試験所

1950

川崎工場(現 倉見工場川崎分工場)操業開始

川崎工場正門
川崎工場(1975年頃)
伸線機
特別安全日の朝礼

1953

三日市製錬(現 JX金属三日市リサイクル)設立

三日市製錬所

1964

倉見工場開設

完成直後の倉見工場
倉見工場全景(1979年)
造幣局向け10円硬貨用円形銅版の製造
20段仕上圧延機

1968

チリ事務所設立

1970

佐賀関・日鉱式第1自溶炉完成
(1973年第2自溶炉完成)

佐賀関 第1自溶炉
佐賀関 自溶炉前
佐賀関 第2自溶炉

1971

苫小牧ケミカル設立(現 JX金属苫小牧ケミカル)

JX金属苫小牧ケミカル

1972

ザイール・ムソシ銅鉱山、操業開始
(1983年 現地政府に譲渡)

1970年代のムソシ銅鉱山
建設当初のムソシ銅鉱山

1981

日鉱グールド・フォイル(現 日立事業所銅箔製造部)設立

日鉱グールド・フォイル日立工場

日立鉱山、鉱量枯渇により閉山

日立鉱山最後の発破
日立鉱山閉山式および本山労働組合解散式後のパーティ

1985

磯原工場操業開始

操業開始当初の磯原工場

1986

日鉱記念館開館

日鉱記念館・本館

1988

日鉱コイルセンター
(現 JX金属コイルセンター)設立

米国グールド社買収

グールド社(米国オハイオ州)

1989

ニッポン・マイニング台湾(現 台湾日鉱金属)設立

台湾日鉱金属

1990

NIMTEC 設立(現 JX Nippon Mining & Metals USA)

JX Nippon Mining & Metals USA

チリのエスコンディーダ銅鉱山生産開始

エスコンディーダ銅鉱山

1992

日鉱金属営業開始
[日本鉱業の金属・金属加工事業を分離独立、日鉱金属分離独立後の日本鉱業は共同石油と合併し日鉱共石に(1993年ジャパンエナジーに改称)]

1996

佐賀関製錬所自溶炉1炉体制スタート

第2自溶炉

GNFフィリピン社(現 JX Mining & Metals Philipine)設立

GNFフィリピン社

ニッポン・プレシジョン・テクノロジー(マレーシア)社
(現 Materials Service Complex Malaysia )設立

Materials Service Complex Malaysia

1998

日鉱金属が東証一部上場

1999

日鉱マテリアルズ設立(ジャパンエナジーの電子材料事業を分離独立)

LG-ニッコー・カッパー(現 LS-ニッコー・カッパー)による日韓合弁製錬事業開始

LG-ニッコー・カッパーの合弁事業契約調印式

2000

チリのロス・ペランブレス銅鉱山生産開始

日鉱金属と三井金属鉱業の合弁によりパンパシフィック・カッパー社(PPC)設立

ロス・ペランブレス銅鉱山全景
ボールミルなどが並ぶ選鉱場内部(ロス・ペランブレス銅鉱山)

2001

上海日鉱金属設立

上海日鉱金属

2002

日鉱金属とジャパンエナジーが共同持株
会社・新日鉱ホールディングスを設立

新日鉱ホールディングスのシンボルマーク発表

2003

日鉱金属加工設立(日鉱金属の金属加工事業を分離独立)

日鉱宇進精密加工(蘇州)
(現 日鉱金属(蘇州))設立

日鉱宇進精密加工(蘇州)

2005

韓国日鉱マテリアルズ設立
(現 韓国JX金属)

JX Nippon Mining & Metals Korea

2006

新「日鉱金属」発足(日鉱金属、日鉱マテリアルズ、日鉱金属加工の3社が統合)

日鉱金属と三井金属鉱業の銅製錬機能をPPCに統合(佐賀関製錬所および日立精銅工場の製錬機能を日鉱製錬へ分社化の上、PPCに移管)

2010

新日鉱ホールディングスと新日本石油が統合し、持株会社「JXホールディングス」を設立。
「日鉱金属」がJX日鉱日石金属に改称。

敦賀工場を開設。

JXビル外観
敦賀工場

2011

JX金属プレシジョンテクノロジー設立

精密加工品
JX金属プレシジョンテクノロジー 掛川工場

2014

チリ・カセロネス銅鉱山・開山式を挙行

開山式におけるテープカット

2016

「JX金属」に社名変更

2017

JXホールディングス株式会社と東燃ゼネラル石油株式会社が統合持株会社「JXTGホールディングス」を設立

フランクフルト事務所設立

フランクフルト事務所

2018

H. C. Starck Tantalum & Niobium(現TANIOBIS)の株式取得

TANIOBIS(Goslar)

2020

「H. C. Starck Tantalum & Niobium (Goslar)」を「TANIOBIS (Goslar)」に変更