グリーン調達ガイドライン

調達に当たって考慮する条件

必須条件

下記に合致するお取引先から資機材を調達します。必須条件に合致しているかの確認書のご提出をお願いします。

1. お取引先に求める必須条件

調達する資機材そのものの環境負荷低減を考慮するとともに、資機材を製造・販売している企業が、環境保全に積極的に取り組んでいるか否かを資機材調達にあたっての重要な判断要素と考えています。企業の環境保全への取組状況を確認し、次の内容を満足したお取引先から、資機材を調達します。

1)環境管理システムの構築

資機材を開発、製造、販売している工場、オフィス等において、環境管理システムを構築していただきます。
環境管理システムは国際規格ISO14001に限らず、自主構築でも構いませんが、次の項目を含むPDCAサイクルにより、システムを有効に運用していることとします。

  • 環境方針の策定
  • 環境管理責任者の選任と環境管理組織体制の設置
  • 環境関連法規制の把握と遵守
  • 環境目的、目標、計画の策定と実施
  • 化学物質の管理体制の構築
  • 従業員に対する環境教育の実施
  • 法遵守状況、環境活動状況の定期的な確認

2)製造工程における使用禁止物質の不使用

当社グループが別に定める使用禁止物質は、製造工程内において不使用とさせいただきます。

3)化学物質含有調査へのご協力

資機材が含有する化学物質に対して、化学物質含有量調査(旧JGPSSI様式等)を提出していただきます。
(JGPSSI:グリーン調達調査共通化協議会)

2. 資機材に求める必須条件

調達する資機材そのものの環境負荷低減が必要となります。
環境汚染や人の健康障害の防止には、資機材の使用時、廃棄・処分時に有害な物質が放出されることがないように、適正な処置を施す必要があります。環境や人の健康に被害を与える恐れのある物質について、資機材への非含有により、当社グループでのグリーン製品設計推進、廃棄処分の更なる適正化を図ることを目的としています。
従って、当社グループが別に定める使用禁止物質を含有しない資機材を調達させていただきます。
なお、含有とは、「意図的な使用により含まれるもの」とします。また、不純物は、不可避的な物質として含有とはしませんが、別紙「使用を禁止する環境影響物質の指針」に示す有害物質の閾値を超えてはなりません。