グリーン調達ガイドライン

はじめに

JX金属グループ(以下:当社グループ)は、非鉄資源・素材の総合メーカーとして、金属資源開発事業、金属製錬事業、電子材料・金属加工事業及び産業廃棄物の再資源化等の環境・リサイクル事業を行っております。
当社グループは、これらの事業活動が、環境へ及ぼす影響を十分に認識し、資源と素材の生産性を高める技術開発の推進により地球規模の環境保全に貢献することを環境基本方針としています。事業活動のあらゆる段階において、歩留り・採収率の向上、品質の改善、工程の短縮、リサイクル、省エネルギー等「資源の有効活用」及び「環境負荷の低減」並びに「環境に優しい素材・製品の開発」に取り組むことにより、自らも環境リスクの低減に努めております。
このため、当社グループにおいては、事業活動に必要な資機材の調達に当たっても、環境負荷の低減に配慮した資機材を使用することが不可欠であるとの認識の下に、グリーン調達を推進し、「グリーン調達ガイドライン」を運用しております。
本ガイドラインは、グリーン調達に関して、最低限遵守していただきたい「必須条件(最低要求基準レベル)」と、配慮していただきたい「実施要望条件(要望レベル)」を示しています。「必須条件」を満足していただけない場合は、今後お取引きを控えさせていただく場合がございます。「実施要望条件」につきましては、今後の調達の参考とさせていただきます。
なお、資機材の要求仕様等により、本ガイドラインと異なる基準が必要な場合は、別途定める調達仕様書等で示します。
また、グリーン調達の基準は、今後の法規制や社会動向により適宜改訂いたします。
お取引先におかれましては、本ガイドラインに基づいた対応をしていただきますよう、ご協力お願いいたします。

【グリーン調達方針】

グリーン調達の取組みを通じて「循環型社会形成」「地球温暖化防止」「3Rの促進」に寄与します。
調達する全ての資機材を対象とし、機能、価格、納期が同等である場合には、環境負荷低減の程度を「必須条件」「実施要望条件」に基づいて評価し、優位にあるものを調達します。

  • 3R= Reduce, Reuse, Recycleの頭文字です。

2011年8月31日 制定
2016年 1月1日 改正